カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/8 やっぱ思い出しますよねぇ

北海道で発生しました地震

 

テレビでしか情報が入ってきませんが、かなり広範囲にわたって被害が出ている様子です。

 

被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

いつものことなのですが、被災地の被害を見るたびに、やっぱり思い出しますよ。

 

阪神大震災の時を。

 

阪神大震災の時も停電して、まだ冬だったからましだとはいえ、冷凍庫から食材が飛び出してきてましたからね(笑)

 

地震直後の食事が、イカの刺身だったことを覚えています。

 

停電になって、一番困るのがやっぱり冷蔵庫。

 

食材が全部だめになってしまいますからねぇ。

 

ですから、救援物資が来るまでの3日間は、冷凍していた食品を食べてましたね。

 

で、電気が復旧したら、今度はガスと水道ですよ。

 

ガスが使えないから、ポットで味噌汁を作ったり、電気鍋を買ってきて調理したりしてましたねぇ。

 

水が出ないから、お皿にラップとかを巻いてましたよ。

 

実は私の家の近所も、地震の後に地滑りがありまして、直径2メートルくらいの岩が道路をふさいでいたんですよね。

 

もうちょっと転がっていたら、道路の下の駐車場と民家を直撃していたかもしれません。

 

地震って、起きた後の行動や対応がすごく大事なんですよね。

 

必ず揺り返しの余震がありますしね。

 

そんなこんなでピリピリしていたら、どんどん神経がすり減っていって、こころが疲弊したりイライラして八つ当たりしたり、なんてことも起きてくるわけです。

 

地震などの災害の心のケア。

 

これは地震を経験してから時間の経過とともに、ケアの仕方が変化していきます。

 

最初は落ち着かせるためであったり、不安を緩和させるものであったり。

 

少し時間がたつと、喪失感や疲労に対するケアに。

 

もう少し時間がたってくると、被害にあわなかった人のケア、というのも出てきます。

 

そしてある程度時間がたつと、トラウマやPTSD、未来への絶望に対するケアなどに代わっていきます。

 

いつも言っていることですが、人生生きていれば、必ず一度以上大きな災害を経験します。

 

だからこそ、災害を恐れず、災害に柔軟に対応できる力を備えておくことが、大切なんでしょうね。

 

かといって、いつ起きるかわからない自然災害に気を使いすぎるのも人生ばからしいし、備えを意識するだけでも違ってくるかもしれませんね。

 

ボーイスカウトの言葉に

 

備えよ常に

 

なんてのがありますが、定期的に意識できる時間があればいいかな、と私は感じます。

 

とにもかくにも、北海道の地震で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

 

ページ TOPへ