カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/9/5 祭り

秋の祭りが、近所の商店街で始まっているようです。

 

ここ最近、全国の祭りをずっと調べておりますので、祭りに関しては多少詳しくなってきているかもしれません(笑)

 

日本には、いろんなお祭りがありますよね。

 

みこしを担ぐものもあれば、山車を引く祭りもある。

 

正月の祭りなどでは、獅子舞が踊ったり、お神楽を舞ったりするものもあります。

 

盆踊りもいろいろありますよね。

 

ほとんどの祭りは、江戸時代から明治時代にできたものが多いようで、なかには途中で途切れてしまったものを復活させたり、途切れたまま伝承されなかったものもあったりするわけです。

 

師匠が言っていたのに、伝統芸能というのは、過疎地域に残っていることが多い、なので、未来に継承していくにはものすごく苦労がある、と言っていました。

 

そりゃあ、あとを引き継いでくれる人がいなくなっていくわけですから、伝統芸能もどんどんすたれていくわけです。

 

それでも何とか残していこうと、地元の人たちは頑張っているんですよね。

 

その中には、かなり面白そうな伝統芸能もあったりして、なかなかに楽しいわけです。

 

例えば獅子舞なんかは日本全国にあるわけですが、地域によって舞い方が違っていたり、なかにはやぐらに登って曲芸を披露したりする獅子舞もあったりします。

 

そんなたくさんの伝統芸能の中から、来年のイベントに出演していただける団体をずっと探しているわけですから、多分に私の趣味が反映されていることになりますね(笑)

 

もちろん、呼びたくても呼べないものもあったりします。

 

火を使うものであったり、地元でしかできないものであったりとかね。

 

一番困るのは、連絡先が分からない団体。

 

多くの団体は、自治体を通じて連絡先が分かったり、自治体自体が連絡を取ってくれたりするのですが、とある自治体には地元の伝統芸能の情報すらなかったり、別の自治体では、連絡先を教えて「勝手に連絡してください」なんて自治体もあるわけです。

 

まあ、自治体の対応もそれぞれといったところでしょうね。

 

で、その中でも対応のよかった自治体もたくさんあるんですよ。

 

そういう自治体って、やっぱ好感度が上がりますよね。

 

こういった些細なことで、人って好感度が上がったり下がったりするんだねぇ、と実感しましたよ。

 

まだまだ伝統芸能の団体探しは続きます。

 

同時に、参加決定通知と、資料の送付に追われることになるでしょう。

 

本気で忙しくなってきましたよぉ。

 

来年どんな団体が参加してくれるのか

 

皆さんも楽しみにしておいてくださいね。

 

ページ TOPへ