カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

こころのルール②

さて、前回の予告通り、今回は責任の話をします。

 

誰の言葉かすっかり忘れてしまったのですが、おそらく何かの動画かテレビでの内容だったと思うのですが、こんな話がありました。

 

正当な対価を受け取れない人の心理というのがある。

それは、幸せを受け取らない代わりに、責任から逃げている。

 

私はこの言葉を聞いて非常に納得したわけですが、それでもちょっと考えてみます。

 

幸せを受け取ること=責任であれば、確かにこの言葉通りなのですが、本当にそうなのだろうか。

 

応えば、幸せを受け取ること、それは自分に対する責任を果たすこと、なわけです。

 

その番組では、こういうことも言っていました。

 

幸せは自分との取引

努力に対する対価を、自分に支払う。

 

つまり、自分に対する支払いを滞らせているわけです。

 

自分自身が、努力したことに対して報酬を支払っていない。

 

働いたのに、給料を払ってくれない。

 

そんな会社があったら、だれだって文句を言いますよね。

 

すごく働いたのに、給料がすごく安い。

 

これも会社に対して不満を持ちますよね。

 

心理学講座では、幸せを受け取れない人は、罪悪感があるからだという話をよくしているわけですが、実際にはこうなるわけです。

 

会社が取引をしてお金を稼いだ。

 

でも、取引先から報酬を受け取らなかった。

 

結果従業員に給料を支払えなくなった。

 

こんなことを、自分自身の中でしていることになるわけです。

 

幸せは誰かが与えてくれるものではなく、自分自身が自分に与えるもの。

 

自分に与えられないのは、自分自身が嫌いか、受け取ったら誰かに攻撃されると思って受け取らないのか、または誰かに対して申し訳ないと思っているのか。

 

まあどんな理由であれ、自分自身に与えない、というルールがあることがわかるわけです。

 

ルールというのは、責任を果たすことでもあり、責任を回避することでもある。

 

ルールに従って行動したわけですから、私の責任ではありません。

 

こういうことで、責任逃れができるわけですね。

 

2回にわたってルールの話をしたわけですが、それにしても人って、本当に責任を怖いと感じている生き物なんですねぇ。

 

ま、責任を怖いと感じさせてしまったのは、多くの人が作り出した暗黙のルールなんですけどね。

 

自分がどんなルールに縛られているのか。

 

それを知っておくのは、人間関係を構築していくうえで、結構大切かもしれませんよ。

 

ページ TOPへ