カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/8/7 知らない間に当事者に・・・

ある日のこと

 

郵便受けに、何やら封筒が入っていました。

 

差出人を見てみると、クレジット会社からでした。

 

あれ、何かまだ未払いでもあったのかな?

 

と思って封を開けてみたら・・・

 

なんと、随分前に利用していたクレジット会社が倒産した、という通知でした。

 

それだけなら問題なかったのですが、どうやら過払いをしていたらしく、その返還請求依頼書が入っていました。

 

はじめは詐欺か?と思って色々調べてみたら、どうやら詐欺ではないらしく、本物の書類でしたね。

 

まあ、すでに全額払い終わってますし、過払い額も10万円未満でしたので、目くじらを立てるほどでもないなぁ、と思っていたわけですが、何より今回驚いたのは、倒産したら、過払い金の有無が全部わかるんだねぇ、ということでした。

 

まあ全部調べられますからね。

 

ただ、利用者から過払い請求がないと、気づいていても返金しない企業体質だったようで、そりゃあそんな会社潰れるわな、と思ったわけです。

 

最近よく言っていることですが、社員や顧客を大切にしない企業は、結局何処かで淘汰されるのだろうなぁ、と感じるわけですよ。

 

今まで以上に、上に立つものの資質が問われている、とも言えるのかもしれませんね。

 

以前とある記事で、日本はリーダー不足で、次世代のリーダー育成のためのプログラムがあったりするというのを知りました。

 

今までのように学歴や世襲、勤続年数でリーダーの地位を与えること自体が、もう限界なのかもしれませんねぇ。

 

もちろんそういう人たちの中にも、リーダーとして素晴らしい人たちもいます。

 

ただ、そうでない人たちのほうが圧倒的に多い。

 

ま、私もリーダーには向いていない(と私は思っている)わけですが(笑)

 

ブラック企業や、仕事で悩みを抱えている人の多くは、上司が問題だったり、自分が上司の立場で部下の問題を抱えていたりと、結局は人間関係に尽きる、というところなのでしょうねぇ。

 

さて、話は戻りまして。

 

今更過払い請求をしたとしても、すでに倒産している会社ですから、過払い金が還ってくる可能性はほとんどないに等しく。

 

かと言って、無視をするのもどうもなぁ、という気分でしたので、とりあえず書類だけでも出しておくか、という結論になりました。

 

ま、過払い金が1000円でも還ってきたらラッキーということでね。

 

しかし、まさかこんなことの当事者に自分がなっていたとはねぇ。

 

いやはや、ほんと、人生楽しませてくれますわ(笑)

 

 

 

お知らせです。

 

 

 

夏休み特別企画として、心理学講座スペシャルをお送りいたします。

 

 

 

8月11日〜8月15日にわたって、心理学講座を掲載いたします。

 

 

お楽しみに!

ページ TOPへ