カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/7/30 修行は続くよどこまでも

ある日のこと

 

師匠から一言

 

手が空いてて暇なときは、授業に(生徒として)でて、早く上手くならないとな。

 

というわけで、早く上達するために、時間があるときの他の先生方の授業を、受講できるだけ受講することになりました。

 

そうすると、最低でも1日3時間、長い時だと、1日6時間は三線の授業をしたり受けたりすることになるわけです。

 

自分のペースでのんびりしっかりと。

 

なんて考えが、甘かったようで(笑)

 

師匠的には、今年中にそれこそ師範に匹敵するくらい上達してほしいのかもしれません。

 

でもそれって、最低でも120曲(楽譜集4冊分)演奏できるようにならないとねぇ。

 

まあこれ以上生徒さんになめられないためにも、早急に上達したほうがいいとは思っていましたからね。

 

なので、三線も新しく手に入れて、家でも練習できる環境を整えて、黙々とやってはいるんですよ。

 

で、まったく同じこと言われるのが英会話。

 

こちらのほうが問題かもしれません。

 

なかなか覚えられないんですもの(笑)

 

ちっとも上達しない。

 

三線はもともとやりたくてやっているわけですから、まあ多少は努力はしますよ。

 

ただ、英会話は必要に迫られて、強制的にやらされてますから、やりたくてやっているわけではないんですよね。

 

そしたら、やりたくてやっていることと、やらされていることの差って、やっぱ出るものなんですねぇ。

 

まあ当然といえば当然ですけどね(笑)

 

やりたくないことはできるだけ後回しに。

 

それって、夏休みの宿題は始業式前日に全部するのと同じかも(笑)

 

追い込まれないとしないんだろうなぁ。

 

やっていることとやらされていること。

 

やっていると感じられるものが、やらされていると感じることより多ければ、人生は楽しいと感じられるでしょうし、やらされていると感じることのほうが多ければ、人生は楽しくないと感じるかもしれません。

 

でも、「やっている」と「やらされている」って、自分で選択できる感じ方なんですよね。

 

自分が「やっている」と感じるか「やらされている」と感じるか、自分次第でどうとでもなるわけです。

 

ということは・・・。

 

自分の人生を楽しくすることが、自分自身の力でできる、ということなんですよねぇ。

 

さてみなさん。

 

皆さんは、普段の自分の鼓動を「やっている」と感じているのか「やらされている」と感じているのか。

 

一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

 

ページ TOPへ