カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/7/19 気苦労が絶えませんなぁ

三線の講師になってから、結構がむしゃらに練習しておりました。

 

そしたら、腱鞘炎になってしまいまして。

 

三線を始めた当初も腱鞘炎になりまして、指が痛い状態で、三線を練習しておりました。

 

で、今回もなったわけですが。

 

前回と違うのは、今回は肘が腱鞘炎になりましてねぇ。

 

余計なところに力が入っているのがよくわかります。

 

新しい三線ですが、以前使っていた三線と違っていて、竿の長さが少し長いんですよね。

 

それが何を意味するのかというと、指を押さえる位置が前の三線より離れているんですよ。

 

なので、今まで以上に指を開かないと、音がちゃんとでないわけです。

 

そりゃあ力も入りますよ。

 

でも、講師になってから2か月で、自分が少し上達したのが実感できるようになったんですよねぇ。

 

私は数いる講師陣の中でも、一番経験が浅く、曲のレパートリーも少ないですからね。

 

そんな中で、必死にやっているわけですから、人の何倍も努力しないといけないわけですよ。

 

でも、お仕事をしている間は、みんなが練習をしているのを横で聞きながら、作業をしなければいけないわけで、ときどき「三線弾きたいなぁ」と思うこともあるわけです。

 

で、最近はずっと不眠症気味ですので、夜中の2時とか3時に、家でひたすら練習しております。

 

私自身がステージに立つことはないのですが、皆さんをステージに立たせるために、教えないといけませんからね。

 

早くそれなりに上達したいと思うわけですが、残念ながらこればっかりは練習あるのみ。

 

1曲につき、まあ1000回は繰り返し練習しないといけませんからね。

 

英会話と全く同じですよ(笑)

 

で、そんななか、やっぱり問題児の話になるわけです。

 

相変わらず授業中に私の話を聞いてくれない。

 

不眠症の原因の5割は、これなんですけどねぇ。

 

先日、別の生徒さんとこんな話をしました。

 

教室に鏡があるわけですが、この鏡は舞踊の人たちのためにあるものであって、三線のためにあるわけではない。

 

で、ずっと自分の姿だけを鏡で見ている人、楽譜に集中してしまう人、自分の世界の中に入ってしまう人は、必ずテンポがずれたりして、そろわない。

 

本当はそういう人たちは、もっと周りの人たちの音を聞いて、周りに合わせることを学ばないといけない。

 

三線の古典音楽は、吹奏楽やオーケストラと違って、全員が同じ音を鳴らしますからね。

 

そろえることが大事なんですよ。

 

で、そのことをいくら話しても、周りの音を聞いてほしい人たちは気づかない。

 

結果、その人だけが悪目立ちしてしまう。

 

で、さらに私の注意を聞かないわけですから、そりゃあ悩みますよ。

 

相変わらず私以外の講師には、そんな態度はしませんからね。

 

私の実力不足が招いたことですから、こればっかりは私自身が結果を見せないといけませんからねぇ。

 

まだまだ努力が足りませんなぁ。

 

ページ TOPへ