カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/7/18 与え上手と受け取り上手

ある日のこと

 

出勤してみたら、机の下に、なにやら紙袋が置いてありました。

 

聞いてみたら、受講生さんが差し入れにとジュースを持ってきてくれたんです。

 

さらに翌日。

 

今度は、机の上に南部せんべいが置いてあります。

 

やっぱり、受講生さんからの差し入れということだそうです。

 

なんか、お供え物されている気分です(笑)

 

わたしゃ地蔵か(笑)

 

まあ、私も毎回いろんな差し入れを持っていったりしていましたからねぇ。

 

自分がしたことが、こんな形で還ってくるんですねぇ。

 

で、生徒さんたちの様子をつぶさに観察してみると。

 

皆さん、結構差し入れを持ってきてくださるわけです。

 

もちろん自分が飲みたいからとお酒を持ってくることが多いわけですが(笑)

 

そのほかにも、お菓子だったり、自分の畑で作った野菜だったり、旅行先のお土産だったり。

 

で、やっぱり中にはいるわけです。

 

何も持ってこずに、ただ食べるばかりの人とかね。

 

与える側と受け取る側。

 

この関係性が意外とはっきり見えてくるのが面白いですよねぇ。

 

差し入れを持ってこないのが悪い、というわけではないんです。

 

やっぱ、与えがいがあるから、つい与えたくなるわけです。

 

受け取り上手な人というのがいるわけですよ。

 

同時に与え上手な人もいるわけです。

 

私もどちらかといえば与える側、ですね。

 

おかげさまで、私の周りにいる人たちは、与えがいがある人たちがたくさんいますからね。

 

でも、教室の生徒さんの多くは、与え上手で受け取り上手。

 

きちんと、大人の関係性を築いている感じですね。

 

それだけ、三線教室という環境が、皆さんにとっていい環境なのでしょうね。

 

ただ習い事をする、というだけでなく、そこで知り合った人たちと楽しい時間を過ごす。

 

習い事の本質って、そこにあるのかもしれませんね。

 

カウンセリングの学校に通っていた時も、楽しかったから通っていたわけですからねぇ。

 

今は楽しさを皆さんに提供する立場にいる私。

 

これからも、皆さんに楽しんでいただくために、努力しますよぉ。

 

お供え物はちょっとご勘弁いただきたいですけど(笑)

 

ページ TOPへ