カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/7/12 丸3年になります

気が付けば、丸3年の間、毎日コラムや講座を書いております。

 

心理学講座なんか、一日一つ読んでも1年かかる量になってますからね。

 

自分でも、よくここまで書いてきたなぁ、と感心しますよ。

 

まあ、どんなくだらない内容でも、読んでくださる人がいてくれるからこそ、続けられたわけですけどね。

 

以前であれば、これだけ書いたら、その手の仕事のオファーが来るかな、なんて思っていた時期もありましたが、最近はただ自分が書きたいから書いているという感じですね。

 

今の私にとって、コラムを書くというのは、カウンセラーとしての唯一の表現方法なのかもしれません。

 

ま、自分がカウンセラーであることを忘れないため、といったほうがいいかもしれませんね。

 

時々、忘れそうになりますから(笑)

 

それだけ、三線関係の仕事がなかなかに大変なわけですけどね。

 

大変な分だけ、ネタが転がってたりして、それはそれでラッキーだったりするんですけどね。

 

今一番大変なのは、三線と英会話。

 

どちらも練習しないと上達しませんからねぇ。

 

日々自分のスキルを上げるために、必死になってます。

 

特に三線は、本当に上達しないとね。

 

まがりなりにも先生ですからねぇ。

 

昔よりもかなり上達したとは思いますが、まだ、先生と呼ばれるほど上達しているわけでもない。

 

ほんと、毎日が必死ですよ(笑)

 

やるしかない。

 

となったら、人間努力するわけです。

 

そしたら、自分の想像以上に成長していたりする。

 

とにかく、ひたすら繰り返して覚えていく。

 

英会話も同じ。

 

何度も繰り返して、体に覚えさせていく。

 

カウンセリングは、数をこなせば、それなりにわかってくることがあるので、そういうところは同じかもしれませんが、やはり二つとして同じ事例はありませんからねぇ。

 

以前私は、心の問題はカレーのようなものだ、と書いたことがあります。

 

数十通りの「問題の核」という名のスパイスの配合によって、その人の「心の問題」という味が決まってくる。

 

ただ、どのスパイスがどれくらい配合されているのかは、やっぱ自分を使って理解しないとわからないんですよねぇ。

 

だから、自分でいろいろと人体実験をするわけです(笑)

 

まだまだ学ぶことはたくさんあり、できることもたくさんある。

 

ならばさっさとやりましょうね。

 

と、自分に言い聞かせている次第であります、はい。

 

 

ページ TOPへ