カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/7/3 持病

神戸に帰省する日の朝

 

血尿が出たんですよ。

 

あらら

 

また持病が出てきましたか。

 

私の持病は血尿を必ず伴いますので、すぐにわかるわけです。

 

実際脇腹も痛いですしね。

 

ま、ここ2か月の間、環境の激変と、様々な人間関係の変化で、かなりストレスが溜まっていましたからねぇ。

 

私の場合、ストレスがかかりすぎると、必ず持病が顔を出してきます。

 

もうかれこれ30年のお付き合いになりますねぇ、持病さんとは。

 

で、おっさん連中なんかが飲み会で集まったりすると、必ずと言っていいほど健康の話になるわけですよ。

 

その日は、自分が入院した時の話をみんなそれぞれがしていたわけです。

 

そしたら、若い女の子が、驚きながら聞いていたわけですよ。

 

で、私が一言

 

人間50年も生きてたら、それなりに体にガタがきてるし、みんないろんな経験してきてるわけですがな。

 

といいました。

 

言い換えれば、この程度で済んでいること自体、ラッキーかもしれません。

 

同年代でも、大きい病気にかかった人もいるし、やっぱ一生付き合っていかなければいけない病気を抱えている人もいますからね。

 

ただ、全員に共通するのが、老眼ですけどね(笑)

 

冷凍食品に書かれている説明を読むのに、50センチ以上離さないと見えない。

 

その様子を見た人から大笑いされましたからね。

 

今のうちに笑っておけ。

 

みんな歳を取れば、大なり小なり老眼になるんだから。

 

で、話は戻って、だいたい血尿がでてから半年以内に、一度入院することになるのが今までの経験からわかっているわけで。

 

早くて半日、長くて3日くらい。

 

前回は2015年に発病して、入院せずにすんだわけです。

 

今回もそうなる可能性があります。

 

ま、なったらなったで、それも話のネタとしてこのコラムに書くことになるわけですね(笑)

 

できれば、このネタがコラムに掲載されないほうがいいわけですが、もしコラムに掲載されたら、あ、あの話だな、と思って読んでくださいませ。

 

 

ページ TOPへ