カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

シャドウフィギュア

なんでしょうねぇ

 

最近、自分のことしか考えない人とのかかわりが、すごく多いんですよね。

 

私もそうかもしれませんけどね(笑)

 

まあ、自分のことしか考えないといっても、精神的にいっぱいいっぱいだったり、あまりにも精神的に幼かったり、自己顕示欲が強かったりと、様々ではあるんですけどね。

 

私自身、元々自分勝手な人間ですから、そんな人たちが周りに集まってきているのでしょうね。

 

シャドウフィギュア

 

自分の中にある、絶対に受け入れられない自分。

 

自分と一番遠い、対角線上にいる自分。

 

これと向き合わない限り、人のことを思いやれない、身勝手な人が集まってきてしまうわけです。

 

心理学的に言えば、シャドウフィギュアは統合するのが基本。

 

私は、自分の中にある身勝手な自分と向き合い、そんな自分を受け入れるか、許すか、手放すかする必要があるわけです。

 

で、ここでもっと効果的な方法があったりします。

 

それは、絶対受け入れられない自分に対して、愛すること。

 

シャドウフィギュアの場合、身勝手な相手を、愛をもって接することで、統合ができるわけです。

 

怒りがある間は、愛ではありませんので、もちろん統合はできません。

 

それはすでに一悶着やらかした後だから、私自身骨身に沁みてわかるわけです(笑)

 

応えが出てしまえば、あとは選択

 

愛をもって接するか、怒りにしがみつくか。

 

最近ねぇ、腹が立つことはたくさんあるわけですが、怒りにしがみつくのも面倒くさいんですよね。

 

なら、選択肢は一つだけ。

 

しゃあないですなぁ。

 

あんなにわがままで身勝手な人たちに対しても、愛をもって接することにしますかね。

 

不本意ですけどね。

 

でも、結果としてそれが自分の成長になり、みんなの幸せにつながるのであれば、不本意でも選択しますよ。

 

私がいつも言っている愛とは

 

感謝と赦しと手放し

 

ですからね。

 

相変わらず、言葉にすると簡単なんですけど、行動するとなると大変ですなぁ。

 

ここで「どうすればいいんですか?」なんて質問が出る人は、まあやりたくない人なんですよ。

 

どうすれば、ではなくて「何ができるか」を考えることこそが、自分と向き合うということになるわけです。

 

さて、気づいてしまったからには、自分の仕事ですからね。

 

やるとしますかねぇ。

 

簡単にできれば、苦労しないんですけどねぇ・・・

 

ページ TOPへ