カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/6/21 板挟み

AさんとBさん。

 

お二人とも、私の知り合いです。

 

で、この二人が、今二つの問題でちょっと摩擦が起こっております。

 

一個目の問題では、Aさんにちょっと問題があり、二つ目の問題では、Bさんに問題が起きている。

 

私としては、その両方の言い分もわかるし、どちらが悪い、というわけでないことも理解できるわけです。

 

それだけに、ちょっと板挟み状態なんですよね。

 

まあ、最終的にはAさんとBさんが話し合いをしないと解決しないわけですが、どちらも私以上の頑固さんですからねぇ(笑)

 

間に挟まれた私は、はてさてどうしようかと気をもんでいるわけですよ。

 

正直なところ、私の中でおさめられている間はよかったんですよね。

 

まあ私がクッション材になればよかったわけですから。

 

ただ、そうもいかなくなってきそうな雲行きになってきてまして、こりゃあ直接話をさせないと収まらないだろうなぁ、と感じるわけです。

 

なんでこういう時、私は間に挟まれるのでしょうねぇ。

 

しかも、どちらの言い分も理解できる分だけ、私は中立でいるしかないわけですからね。

 

困ったものですよ。

 

できることであれば、円満に収まってほしいと望んでいるわけです。

 

私ができることといえば、円満におさめるための環境作り。

 

そのために私が嫌われることになってもね。

 

ま、損な役回りですよ。

 

ちょっとしたコミュニケーションが足りないだけで、問題が徐々に表面化していく。

 

私自身は表面化する前から気が付いていたことではあるのですが、それまでに打った手はことごとく役に立たず。

 

結局は、一番やりたくなかった方法をとるしかないんですよね。

 

私としては、話し合いが円満に終わることを祈るしかないわけです。

 

火中の栗を拾う役目、なわけですよ。

 

ほんと、お願いだから、いい方向にまとまってほしいものです。

 

とりあえず、私のほうも、自分のできることで最善を尽くしてみますかね。

 

ページ TOPへ