カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/6/15 幸せは、楽とイコールではない

発表会が終わってすぐに、英会話教室が始まりました。

 

三線教室で、ですよ。

 

来年のイベントに向けて、国外からの参加団体もありますので、英語が話せるのは必須項目だったわけです。

 

そのため、師匠が英会話の講師に直接教室に来てもらって、出張授業をしてもらうことになったわけです。

 

で、私は強制的に英会話教室に参加(笑)

 

20代のころに英会話は習っていましたが、まさかまた英会話を習うことになるとはねぇ。

 

もうすっかり忘れてますよ(笑)

 

で、講師がなんと須藤元気さん。

 

この辺が師匠の力と言いますか、カリスマと言いますか。

 

これからがっつり英語のお勉強となるわけです。

 

なんかやることがすごく多いぞ(笑)

 

三線の講師に英会話、イベント事務局、そして師匠の秘書(笑)まがいの仕事もあったりしますからね。

 

こんなことになったのも、私にモラハラをした偉いさんに原因があるわけですよ。

 

がっぷり四つに話し合うことになったのも、この偉いさんが師匠を怒らせたからなんですよねぇ。

 

で、そのしわ寄せはこっちに来るわけですから。

 

ほんと、今年はやりたくないと逃げてきたものすべてと向き合うことになってますなぁ。

 

やりたくないと逃げてきたものと向き合っていくというのは、こころを成長させる意味ではすごくプラスになるわけです。

 

では、やりたくないものから逃げて、最後まで逃げ切ったらどうなるか。

 

それはそれでいいのかもしれません。

 

だって、楽ですからね。

 

ただ、楽なことと、幸せなことは決してイコールではないのもまた事実です。

 

だとすると、楽をしたからといって、それが自分の望んだ未来になるかというと、そうでもないかもしれないわけです。

 

誰だって楽したいわけですよ。

 

私だって楽したいです(笑)

 

ですが、楽したら自分の幸せが手に入るのか、と質問されたら、それはノーなんですよ。

 

自分が目指す幸せは、決して楽な道のりではない。

 

だからこそ、幸せに大きな価値を感じられるのかもしれません。

 

今回の発表会で一番うれしかったこと。

 

それは、私が担当する教室の受講生さんたち(自信を喪失した原因になった人含む)が

 

いろんな演目に参加してみたけど、中原さんの教室の演目が一番楽しかった。

 

こういっていただけたことです。

 

この一ヶ月の間、私が「とにかく楽しみましょう」と言い続けたことが、ちゃんと形になったわけですからね。

 

もちろんその間全く楽ではなかったわけです。

 

自信も喪失しましたしね(笑)

 

でも、その代わりに、すごく大切なものを得ることができた。

 

おかげさまで、この講座を書いている日(6月10日)は、幸せな気分です。

 

これからも、こういうことをいくつも積み重ねていって、自分の幸せに近づいていくのでしょうねぇ。

 

ページ TOPへ