カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/6/11 感覚に経験をさせる

ある日のことです。

 

近所にある、薩摩川内市のアンテナショップに行ったんです。

 

以前コラムでも紹介したことのある「ちんこ団子」

 

これを三線仲間に紹介してやろうと思い、買いに行ったわけですよ。

 

で、店に入ると、顔見知りの店員さんがいたわけです。

 

で、また話が盛り上がりましてねぇ。

 

店員さんも私のことを覚えていて、私が背中に背負っているものの話になったわけですよ。

 

当然、私が背中に背負っているものは三線。

 

なんとお客さんも三線を見たことがないということで、その場でお披露目となりました。

 

やっぱ、あまり身近で見たことがないんですねぇ、みなさん。

 

蛇皮を触ってみたりして、みなさん興味津々。

 

で、近日中に発表会があることなどをお話しして

 

「オリオンビール飲めるよ」

 

という一言で、全員が笑顔になるわけです(笑)

 

みなさん、お酒好きですよねぇ。

 

まあ三線に限らず、衣装とか楽器とか、グッズとか、習い事とか、実際に触ったり触れ合ったりすることって大事ですよね。

 

ネットやスマホを見て、情報を得ることは簡単ですし、理解することもできるわけですが、やっぱり自分の五感で感じることって、すごく大切なことなのでしょうね。

 

最近三線を習い始めたとある人が、子供のころに沖縄出身のミュージシャンとよく遊んだ記憶があるそうです。

 

その後、大人になって、なぜか沖縄音楽を聴くと気分が落ち着いたり、居心地がよくなったりするといっていました。

 

子供のころに触れた沖縄音楽が、五感にしっかりと刻まれていたからこそ、そう感じられるのかもしれませんね。

 

その人は結局三線を習いに来ているわけですから、それもまたご縁ということになるでしょうね。

 

五感に触れる。

 

見る、きく、食べる、嗅ぐ、触る

 

感覚にたくさんの経験をさせてあげることで、感性やインスピレーション、その他いろんなことが、自分自身の心を豊かにしていくのかもしれませんね。

 

 

ページ TOPへ