カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/6/7 続ける秘訣

気が付いたら、結局毎日続けてますねぇ。

 

このコラム

 

もう毎日続けなくてもいいと自分でも思っていたのですが、なんか日課みたいになっちゃってますからねぇ。

 

まあ内容がかなり三線になっちゃってますけどね(笑)

 

何かを続けようと思うとき。

 

やっぱりいやいややったり、やらなきゃと思ったりすると続かないものです。

 

そこはちょっと工夫がいるわけで。

 

私の場合、日課にしてしまいます。

 

朝起きて、歯を磨いて顔を洗うのと同じように、毎日当たり前のようにコラムを書き、アップロードする。

 

そうしてしまえば、それほど苦にはならないわけですよ。

 

三線の練習にしても、ただの日課にしてしまえば、毎日練習することは苦にならないわけですしね。

 

日課にするまでが大変かもしれませんけどね。

 

続けることって、自分の中で当たり前にしてしまうことが、一番手っ取り早いわけです。

 

カウンセリングでは、自分にとっての当り前が、他人にとっての当り前でないことが多いため、いろいろと摩擦やトラブルを引き起こしたりするわけですが、逆に当たり前と思うことをうまく利用することで、継続することができるわけです。

 

それは、勉強や習い事などには有効ですよね。

 

それに「楽しい」という気持ちが加われば、あっという間に当たり前になっていきます。

 

楽しいと感じられるものは、続けられますからね。

 

いつも私がお話しているのは、いかに自分を楽しませてあげられるか、ということです。

 

私はすごく飽きっぽい性格ですから、自分を楽しませることにいろいろ工夫しているわけですよ。

 

三線にしたって、エイサーや舞踊があるからこそ続けられるわけで、三線だけだったらとっくにやめていたかもしれません。

 

まあいつ辞めてもいいように、最初安物の三線を購入したわけですがね(笑)

 

自分で自分を楽しませていく。

 

誰かに楽しませてもらうのではなくてね。

 

私が三線を教えるときも、本当はきちんとしたことを教えたほうがいいわけですよ。

 

もちろんそれもやりますが、それ以上に「三線が楽しい」と思っていただけるように、いつもいろいろ工夫しております。

 

だから、私に三線を習っても、上達はしない(笑)

 

でも、演奏を楽しいと感じられることが、長く続けられる秘訣だと私は感じていますのでね。

 

何かを続けたいと思ったとき

 

楽しいを当たり前にできる

 

ことが、一番の秘訣かもしれません。

 

皆さんも、まず自分を楽しませてみてくださいませ。

 

ページ TOPへ