カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/5/16 異なるリーダーシップに挟まれる

三線教室の仕事といいましても、いろんな仕事があります。

 

演奏するのも仕事みたいなところがありますからね。

 

で、この間千葉県いすみ市の農協さんに呼ばれまして、エイサーを演奏してきたわけです。

 

演奏自体とても喜んでいただき、皆さんに楽しんでいただけたわけですが、演奏する私たちも、ちょっとした旅行気分で、千葉県を満喫させていただきました。

 

その移動中の出来事。

 

今までは、私がカウンセラーをしているということは、実は三線仲間には言ってなかったんです。

 

なんとなくそっちの話をする気になれなかったのでね。

 

ですが、最近になって「もういいか」という気になり、今では「カウンセラーです」と、普通に言うようになりました。

 

 

なぜか自分がカウンセラーだとカミングアウトするときに限って、相談事がある人がそばに座っているんですよねぇ。

 

これもなにかの巡り合わせなのでしょうね。

 

移動中はお悩み相談や勝浦タンタン麺の話、その他いろんな話で盛り上がりまして、行き返りの移動中、6時間くらいずっとしゃべってましたね。

 

まあ、やっぱどれだけ楽しい場所であっても、人が多くなれば多くなっただけ、摩擦というのは起きるものです。

 

それは人が集まれば必ず起きることでもありますからね。

 

でも、たとえばそれが、同じ目的、目標の中で、やり方の違いから摩擦が起きるのであればいいんですよ。

 

どちらも最終的な目標は同じですからね。

 

たとえば、大会で優勝するためには休みなしで練習したほうがいいという人と、大会で練習するためには、たまの休みも必要だという人がいたとして、これは目的が優勝することと統一されていることですので、問題ないわけです。

 

ですが、ただ自己顕示欲を示したいとか、自分の思い通りにしたいとか、目的が全く違うところにある人がいると、グループは混乱してしまうんですよね。

 

これもリーダーシップの一貫なわけですが、二つの異なるリーダーシップが同じ場所にいると、本当に困ります(苦笑)

 

ほんと、最近こういったことの板挟みで苦労が絶えないですわ(笑)

 

だからこそ、たまのこういった気兼ねのない人間関係と時間がいいんですよねぇ。

 

さて、次回のエイサーのステージは6月1日。

 

強制参加でございます(笑)

 

ま、その時も目いっぱい楽しんできますよ。

 

ページ TOPへ