カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/5/6 動物と癒し

この間、友人との待ち合わせで新宿を迷って(笑)いたのですが、そのときに、募金活動と出くわしました。

 

そこには、かわいいワンちゃんが3匹、道行く人に撫ぜられていました。

 

盲導犬協会かな?

 

と思い、近づいてみたら、アニマルセラピーでした。

 

アニマルセラピーとは、病院や老人ホーム、養護施設等に動物を連れて行き、ふれあう事で、こころを癒す手法です。

 

動物好きの私には、間違いなく癒されてしまう手法でもあります(笑)

 

で、3匹の中の黒い柴犬を撫ぜながら、自分が昔飼っていた犬の事を思い出したり、柴犬の表情をみて楽しんだりと、満喫させていただきました。

 

どの動物でもそうなのですが、特に犬は、人との関わりが密接なところがありますよね。

 

盲導犬やセラピードッグ、災害救助犬、猟犬、聴導犬、麻薬捜査犬、警察犬などなど、私たちの生活の中に、犬の力をかりている部分って、たくさんあるんですよね。

 

まあ犬に限らず、猫や鳥、カメ、は虫類、熱帯魚等の魚など、動物に寄り添って生活している人は多いと思います。

 

こんな話がカウンセリングでありました。

 

両親が不仲な家庭だったのですが、犬を飼いだしたら、両親の不仲が緩和された、というものでした。

 

動物の持つ癒しの力は、本当にすごいなぁ。

 

そう思いながら、いつもお参りする神社に住み着いている猫(私は主様と呼んでおります)に、頭を撫ぜさせていただいてもらっている、今日この頃でした。

 

ページ TOPへ