カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/4/25 集大成

メールをいただきました。

 

以前団体に所属していた時のクライアントさんで、その後の様子について書かれてありました。

 

まだまだ道半ば、といった感じではありますが、確実に一歩ずつ進んでいる様子を感じて、私としてはうれしい限りです。

 

随分前のコラムに書いたことがあるのですが、斉藤一人さんの言葉で

 

成功とは

助けた数である

あなたのおかげで

助かったと

言われた数である

 

というのがありました。

 

今回のクライアントさんのメールにも、私に対する感謝の言葉があり、胸が熱くなりましたね。

 

私が今までやってきたことの集大成。

 

おそらくそれが、この「ありがとう」の言葉なのでしょうね。

 

それは、大勢の人の前で歌を歌うようなことではなく、たった一人の人の目の前で、その人のために歌ってあげる。

 

そんな感じなのかもしれません。

 

私も男ですから、普通に評価されたいという欲求がないわけではありません。

 

ですが、それ以上に、全力を尽くした相手から「ありがとう」と言われることに、私は価値を感じるわけです。

 

実際には、言われなくてもいいんですよ。

 

クライアントさんの努力は、クライアントさんのものであって、決してカウンセラーの力ではない。

 

カウンセラーは、クライアントさんの可能性を信じるだけですからね。

 

ですので、評価そのものが、自己満足でしかないわけです。

 

誰からも評価されなくても、自分だけが知っている。

 

そして、自分だけは、自分がこれまでしてきたことを忘れない。

 

それだけで充分なんですよね。

 

私が今までしてきたことの集大成

 

それは

 

ありがとう

 

この言葉一つ、というお話でした。

 

おわり

 

ページ TOPへ