カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/4/10 忘れ物がひどい

最近、忘れ物が非常の多くて困っております。

 

先日の免許証とマイナンバーカードを忘れたのもそうですが、そのほかにも、

 

喫茶店でコラムを書こうと移動したら、パソコン本体を忘れた

 

別の日には、コラムのメモ書きを忘れた

 

メガネを忘れた

 

移動中に飲もうと思っていたお茶を忘れた

 

お店の前を通っているにもかかわらず、買い物するのを忘れた

 

そのほかにも、数えだすときりがないくらい、まあちょくちょくと忘れ物をしてしまいます。

 

3月くらいからずっとなんですよねぇ。

 

元々忘れ物が多いたちですから注意はしているのですが、それでも何かを忘れてしまう。

 

まあなくしてしまったり、問題になったりと、致命傷になるようなことがないだけましなのかもしれませんけどね。

 

で、ちょっと面白かったのが、今月の占いで、ラッキーアドバイスが

 

「忘れ物をしないように」

 

でした。

 

笑いましたね。

 

忘れ物というのは誰にでもあるものです。

 

人は誰しもが完璧ではありませんので、忘れることだってあります。

 

多少運の良しあしで、大事になるかならないか、という差はありますけどね。

 

自分をかえりみてみると、忘れると大変なことになる、という場合は、忘れ物をしないわけです。

 

ではどんな時に忘れ物をするのか。

 

やりたくないけどやらざるをえなかったり、体調が悪かった入りすると、ぽつっと忘れ物をしたりします。

 

つまり、自分のモチベーションと多少なりとも関係があるようです。

 

やっぱ些細なことでも、こころが影響しているのでしょうね。

 

一方で、忘れ物をしてはいけない!と強迫観念に駆られているときや、忘れ物がないか不安になっていることも、こころの影響によるものですからね。

 

よほど重要なものでない限り、多少の忘れ物に関しては「ま、いっか」くらいの気持ちでいるのがいいのかもしれませんね。

 

例えば、沖縄に旅行に行くのに、航空券を忘れてしまっては大変ですから、これは忘れないほうがいいわけです。

 

ですが、海パン忘れたくらいだったら、現地で買えばいいですからね。

 

忘れてもどうにかなるものと、忘れたらどうにもならないもの。

 

この辺が、忘れ物してもいいかどうかの差なのでしょうね、当たり前ですけど(笑)

 

忘れ物が多い私は、その分だけ代替案を出すのがうまいかもしれません。

 

言い換えれば、自分のフォローがうまい、とでもいえるかもしれません。

 

忘れ物が多いからこそ、培った技術といえるでしょうね。

 

そう考えたら、忘れ物が多いことも、結果なんとか乗り切れたのであれば、あながちマイナスではないのかもしれませんね。

 

自分の身にあまりよくないことが起きていたとしても、それに対応する力をつけることで、結果として自分にスキルが身についていく。

 

そう考えたら、忘れ物が多いことは、それほど悪いことではないかもしれませんね。

 

ま、他人に迷惑をかけないようには、していきたいと思います。

 

他人に迷惑をかけたら、自分が許せなくなりますからね。

 

ページ TOPへ