カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

信頼から来る依存

先日、10年のお付き合いのなるクライアントさんと話をしていて、こんな話になりました。

 

私、昔から成長ないですよねぇ。

 

そんなことはないんですよ。

 

結果として、幸せの道半ばかもしれないわけですが、昔と今とでは、同じ状況のように見えても、違いはちゃんとあるわけです。

 

クライアントさん曰く

 

私はすごく依存してしまう。

 

というわけですが、実際お話を聞かせていただいて、私は同じ依存でも、随分と質が変わった感じがしたわけです。

 

それは、

 

欲求からくる依存と信頼からくる依存

 

と私は表現しました。

 

同じ依存であっても、この二つの依存は全く違うものになります。

 

わかりやすく例えますと、欲求からくる依存は

 

ちょうだい、ちょうだい

 

なんですよね。

 

信頼からくる依存は

 

あなたに委ねます

 

なんですよ。

 

わかりやすいでしょ。

 

「依存」という言葉でひとくくりにしてしまうと、二つとも全く同じ依存なのですが、こうして言葉にしてみると、全く違うのが皆様でもわかると思います。

 

これは依存にかかわらず、「信頼」がカギになっているんですよね。

 

相手を信頼する

 

ことではありませんよ(笑)

 

自分が信頼できる

 

ことなんです。

 

自分のこころに疑いを持った時、人は不安を感じます。

 

すると、信頼は不安を解消するために、欲求へと変わるわけです。

 

さて、皆さんは、自分を信頼していますでしょうか?

 

もしできていないな、と感じていたら、大丈夫です。

 

できていないほうが普通ですからね。

 

できていない自覚がある人は、ちゃんと自分でどうにかできる人ですからね。

 

一番危険なのは

 

自分に自信がある

 

人と

 

自分が嫌い

 

な人です。

 

自信は信頼とはちょっと違いますからね。

 

自分が嫌いな人は言わずもがな、ですよね(笑)

 

皆さんも、信頼からくる依存をしてみてくださいね。

 

ページ TOPへ