カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

受講生感想

2015年1月 1/25誰にでも理解できるスピリチュアルの基本

Nさん(女性、カウンセラー)

スピリチュアル」って、もっと漠然としてふわふわしたものかと

思っていました。

でも、WHOなんていう公的機関が定義を出していると

知りびっくり。

ちゃんとした「一般名詞(?)」だったんですね。(笑)

 

 

でも、重心がてっぺんにあり、上にエネルギーが上がってしまって

足元がふらついている人の方が圧倒的に多いという話には深く

納得してしました。これが私の中のスピリチュアルの

イメージだったからです。

でも、正しくは、上だけではなく下ともつがなるべきなんですね~。

できるかとうかはともかく(!?)勉強になりました。

 

 

スピリチュアルの基本の話から、

それをどうカウンセリングに活かしていくのか

という応用の話まで、

「カウンセラー」である講師の語るスピリチュアルというのは

実践的で面白かったです。

 

 

これは、「スピリチュアルって何?」っというような初心者でも、

「興味はあるけど私には関係のない世界でしょ?」という方でも、

「ある程度は自己流で使いこなしている方」でも、

楽しめる講座だろうなと感じました。

ぜひ、また開催してください。

2015年1月 1/12 カウンセラーになっても困らない基礎知識

Tさん(女性、カウンセラー)

最初に「自分はどんなカウンセラーになりたいか?(目標)」

「困っている事(課題)」設定をするのがよかったです。

これをすることでより講座が有意義になりますね。

 

また、ただ講座を聞きに行く一聴講生的な気分で

参加していていたところへ

 

「ここにいる人を「仲間」と思おう。

<リアルカウンセラー>と名付けよう」

 

という発想力。

 

また、講師対参加者、講師対参加者、この1対1の関係性を一瞬で、

講師対参加グループ、または講師を含めたグループに作り替えたテクニック。

 

そしてカウンセラーとして気をつけること、

カウンセラーとしての目的、姿勢、など基本はきちっと押さえ、

かつ自分の体験談も交えてのレクチャー。

場の作りかた、雰囲気や緩急など、とてもためになる講座でした。

 

2015年1月 1/12 『伝える』文章講座 感想

Tさん(女性、カウンセラー)

とてもわかりやすい講座でした。

 

読みの視点に立つ。

 

その為に、

<何について書くのかという目的>

をはっきりさせること。

 

そして、

<誰に向けて書くのか>

という設定を決める

という基本に沿ったものでしたね。

 

個人的には、「文章を読む前から、人がいろんなものを感じ取っている」という視点は新鮮でした。

2014年5月 心理学講座

Nさん(男性、会社員)

中原さんの講座は、私にとって、心理学講座の原点。

あの講座は、明快で、表現もわかりやすく、内容もしっかりつまっていて充実度の高いもので以来、他の人気講師といっても、あのぐらいの充実した講座はなかなか聞けてないような、きがします。


今後の中原さんの活躍、楽しみにしてます!

2014年5月 面談カウンセリング

Yさん(女性、会社員)

前のカウンセリングで「よくここまで来ましたね」って言われました。


ずっと否定されて、

自分も否定するようになってた「変わり者」の

私が覚えてる限りですけど、

肯定したの中原さんが初めてでした。

 

一番ど頭の電話のお試しカウンセリングです。
「この会話だけで…!?」とえらい困惑した覚えあります。
嬉しかったです。そんな人間なのかなと思いつつも。

話聞いてもらいたいだけなら、中原さんじゃない方がいいのかなと思います。
正直初期の面談とかしんどいとこもあったりなんかしちゃったりしてたので…。
でも、ずっと頭にはありました。
「この人で大丈夫だ」っていうのは。

2014年4月 講座全般

Yさん(女性、会社員)

私が初めてスクールに参加させてもらった時は、
カウンセラーではなかった頃でした。

全然自分の考えに自信が持てなくて、
話すときに、すごく緊張したのを覚えています。

その考えを否定されることもなく、
むしろ気になったところとか
目のつけどころとか
私の才能を引き出してもらったり、
あとは、とても先生とも、メンバーの皆とも距離が近くて、
聞きたいことを、どんどん聞けました。


机の上のお勉強というよりは、
体験としての経験を、
本当にたくさん積ませてもらえた場所でした。

理論って、確かにそれを習った時は、
感動をするのですが、
今いち、うまく使いこなせないことがほとんどです。

でも、どういう場面で使ったらいいのかなど
実際に使える形で教えてもらったので、
"カウンセリング"という形にとらわれずに、
毎日の生活の中で、使っています。

またただ、頭で理解をするのではなく、
クライアントさんが、どんな気持ちや感覚になっているかを
体感として分かるような
ロールプレイングなども、
とても印象的で覚えています。

私はカウンセリングの本数をこなしてはいないけれども、
誰に対しても
恥じることのないカウンセリングができる自信がつきました。

またカウンセラーとしてではなく、
職場の先輩・後輩にとって
心の休憩所になったり、
パートナーとの関係で
傷ついて終わるのではなく
その先に一歩踏み込んで関係を築いていけるようになれた
大切な場所です。またただ、頭で理解をするのではなく、
クライアントさんが、どんな気持ちや感覚になっているかを
体感として分かるような
ロールプレイングなども、
とても印象的で覚えています。

私はカウンセリングの本数をこなしてはいないけれども、
誰に対しても
恥じることのないカウンセリングができる自信がつきました。

またカウンセラーとしてではなく、
職場の先輩・後輩にとって
心の休憩所になったり、
パートナーとの関係で
傷ついて終わるのではなく
その先に一歩踏み込んで関係を築いていけるようになれた
大切な場所です。

2014年4月 面談カウンセリング

Mさん(女性、会社員)

きっかけは、仕事が辛くて、
夏休みの代わりとしてもらえた休みの日に
何をしよう、どうしようと思った時に
ふっと顔を思い出して、
あの人に相談してみようと思ったんです。

最初のカウンセリングで
始まって数分くらいで、
そんなに自分のことをあけすけに話をしていないのに
どうしてこんなに私のことが分かるんだろうっと
びっくりしました。


おもしろい先生で、
私を嗜めるのではなく
私の代わりに怒ってくれたり
苦しくて、どうしようも動けない時に
「僕もその道通ったんで、大丈夫ですよ」と
声をかけてくれました。

たくさんのカウンセリングをしてくれたのに、
もうほとんど部分的にしか覚えていないのは、
きっと、本当に私の中におちたからなんだと思います。


なかなか受け取れない私に
飽きずにずーっと
私の魅力とか良さとか伝え続けてくれました。


「どうしてそんなに生き急ぐんですか?」

ようやく、もう少しゆっくり生きてもいいかなと
思えるようになりました。


「がんばって何とかしなくても、

できていることってありませんか?」

生きることと、がんばることが
セットになっていて、
がんばらなければ、生きていてはいけないというルールが
自分の中にあったんだと気づけました。


先生のカウンセリングの良さって何なんだろうって
あらためて考えてみました。

1.問題の本質を的確に見抜けるカウンセリング力

自分の中でぐちゃぐちゃになって混乱している状態を
問題の本質を見抜いて、すっきり見せてくれて
解決へのアプローチ方法も、相手に合った方法を選んでくれます。


2.未来の姿を見続けてくれる温かさ

自分の中では「あれもできない」「これもできないダメな自分」
だと思っていても、
才能や魅力をずっと見続けてくれてます。

 

3.粘り強い愛情

変化・成長のプロセスの中で
停滞をする期間があっても、粘り強くカウンセリングしてくれます。


4.幅広く豊富な知識

いろいろな分野に跨いで知識が幅広いので
例えも様々で分かりやすく、
また一般的にカウンセリングで欠けがちな
行政や法的知識もたくさんあるので、
現実的な対処法としても、安心して相談できます。


5.きれない繋がり

カウンセリング中だけでなく
カウンセリング以外の時でも
いつも心のどこかで思ってくれてます。



おかげさまで
こんなに私を愛してくれるパートナーに出会えたし、
どこに行っても愛されてます。

2014年2月 面談カウンセリング

Kさん(女性、カウンセラー)

中原さんのカウンセリングを受け感じる事は

”熱いハートでぶつかってくる”

という事です

 

カウンセリングを受ける中で

くじけそうになったり

凹みそうになったり

投げ出したくなったり

途中で泣き出したり

ごねてみたり

とかなり色々ご迷惑をかけまくった・・・と思います

 

中原さんはそんな状態の私に対していつも

熱いハートでぶつかってきて諦めず向き合って

前に進む事

笑顔になる事

幸せになる事を全力で応援してくださいました

 

もし誰かに

「中原さんのカウンセリングってどんな感じ?」

と聴かれたらこう答えます

 

「”変わりたい”と思う気持ちを具現化してくれる」

 

中原さんのカウンセリングを一言で表現するとしたら

この言葉が私にとってしっくりします

2014年3月 面談カウンセリング

Iさん(女性:主婦)

中原さんは、「核心を突く」人。
うわべの同情なんかしない人。
その人が痛みで見られなくなった、葬り去らなければ生きてこられなかった「絶望」「苦しみ」「怒り」といった感情を掘り起こしてくれる人。


して、

もだえ苦しみながら変わろうとする私たちに、

必ず最後まで伴奏してくれる人です。

その人が「変わろう」と諦めずにいる限り…。


中原さんは、いつでも本気で向き合ってくれる人です。
 

2014年1月 面談カウンセリング

Yさん(女性、カウンセラー)

なんとなく、自分で“こうだろうな…”と思っていた事の他に、自分でも気づいていない事がたくさんあり、その度に「えっ??」と、考える時間もあり、根本的に自分が問題として持っていて、今の自分にいらなくなっているものの解決方法も、分かっているけど、出来なかった(やろうとしなかった)理由も、分かりやすく、こんがらがった紐を丁寧に解かれ、結果、“なんだ、そんなことで悩んでいたんだ…”と、軽くなりました。

誰かにしっかり聴いてもらうことの安心感、誰かが味方になってくれている感覚、“愛されていたんだ~…”という事実を知り、とても嬉しく、心が穏やかになったのも事実です。


“失敗しても、転んでも、フォローしてくれる人がいる、

その人が私の幸せを本当に願っていてくれている”

ということか、やっと受け取る事が出来るようになってきました。

ページ TOPへ